住宅ローン審査内容とは

住宅ローンの審査には、融資を行なう金融機関が実施する事前審査と住宅ローンの返済期間中に返済にトラブルが発生した際に債権を買い取り引き継ぐ保証会社が行なう本審査があります。
まず、事前審査で重要視される項目は、借入時と完成時の年齢です。
完済時は80歳未満と規定している金融機関が多いようですが、なるべくなら定年前に完済したいものです。
そのために、借入時の年齢も注目されます。
次に注目される審査項目に返済負担率があります。
これな年収に対する住宅ローンの返済比率で35%を超えると落とされる確率は高くなります。
更に勤続年数や年収、担保となる不動産の評価、契約者の健康状態などがチェックされます。
事前審査が終わると本審査です。
本審査でも同じような内容を審査しますが、こちらの方が厳しい基準での審査になります。
ソニー銀行がおすすめな人は?金利のメリット!【借り換えはどうなの?】