フラット35が今どんな感じなのか調査をはじめました

国内には様々な住宅ローン制度があります。

銀行機関独自のローンやフラット35のようにどこの銀行機関で借りても基本的には同じ条件になるローンなど種類が多すぎてなにを選べばよいかわかりません。

他の人がどういった部分を比較してローンを組んでいるのでしょうか。

特に比較されているのは金利条件です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば支払い額が金利変動で変わる変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。

変動制の場合は銀行機関独自のローン商品になるので繰上げ返済手数料や保証料など銀行ごとに変わります。

みなさんが住宅ローンを決める際の参考にしてください。

テレビでおなじみのフラット35ですが、中古住宅を買う時も利用できるの?という質問を聞きます。

結論から言えば条件次第で利用できます。

その条件の例としては、床面積の広さや購入価格が税込で1億円以下の住宅かといった要件です。

中古ならではの条件もあり、申込日の時点で竣工日から2年以上経過している、すでに人が住んでいたことがあるかという条件です。

もし新築で購入した物件に対してのローン借り換えを行う場合は新築ではなく中古物件扱いになるのでこれらの条件を満たしている必要があります。

そのため中古物件を買う際にもご活用ください。

住宅を購入するときに資金調達に活用する住宅ローンですがほとんどの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから審査を始めるので事前審査の結果、ローンが組めないこともあります。

そういったことが起こらないようにいくらまで借りられるのか知りたいところです。

例えば全期間固定金利のフラット35取扱実績1位のアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というwebサービスでは物件を決める前に他に年収が400万円未満だと年間返済額が年収の30%以内までなどの条件もあります。

他の機関のHPにも借入シミュレーションがあるので物件探し時に必ず活用するようにしましょう。

事前に借入可能額が分かっていれば物件探しも行いやすいですね。

住宅を買う際にフラット35の利用を勧められることがあります。

多くの人はテレビで名称を聞いたことはあるくらいで実際にはどんなローンなのか、借りるための条件はあるのかなど詳細な情報は知らないのではないでしょうか。

このローンを組むには、物件購入価格が1億円以下になっているか、床面積が基準以上の広さがあるかといった条件があります。

ローンとしての特徴は、基本的に物件価格の9割までしか借りられないことや全期間金利固定、保証料0円などが挙げられます。

金利変動が発生しても急に支払額が上がるといったことが起きないので将来を見据えた返済計画が立てやすく無理なく返済できそうですね。

住宅ローンをはじめとした長期間の高額ローンは、できるだけ早く返したいと思ってしまいますよね。

ただ、早く返す方法は繰り上げ返済を行うことしかありません。

利用者の多い住宅ローンの1種類であるフラット35を例にすると100万円から可能な銀行機関が多いですが10万円から繰上げ返済可能という機関もあるようです。

その際、手数料が必要なローンと不要なローンがあるのでローンを選ぶ際は金利以外の手数料なども見るようにしましょう。

ボーナス払いも併用している場合には、ボーナス月の請求がずれないように半年分の合計から可能なことが多いようです。

住宅の購入を考えたときに、多くの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、超低金利時代なので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても種類が多くなっています。

その中でも、「フラット35」という言葉を聞いたことはありませんか?名称からは特徴がイマイチ伝わりにくいですが通常の銀行ローンとどういった部分が違うのか調べてみました。

メリットとしては、ずっと固定金利なので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料がかからないことがあります。

デメリットとしては、金利が変わらないので低金利になると割高になることや低金利になると割高になることや独自の審査基準があるので利用できないことがあります。

住宅を購入する際の資金準備で強い味方になる住宅ローンですがローンなので場合によっては審査に落ちることもあります。

基本的にローンに落ちる可能性が高いのは過去に別のローンで滞納しているなど信用情報が悪い人や借り入れ希望額に対して年収が少ない、勤続年数が短いなどといった場合が挙げられます。

フラット35などほとんどのローンに共通することですが年間の返済額が年収の約3割までに収まっているかという部分がとても重要になります。

例えば、今回の住宅ローンでの返済額が年収の3割以下だったとしても他に車のローンやリフォームローンが残っていて合計すると目安の約3割を超えてしまい断られることもあります。

住宅ローンについてインターネットで調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問を持っている人がいるようです。

参考:フラット35住宅ローン総合ランキング 【トータルでお得な銀行は?】

フラット35とは銀行と住宅金融支援機構がコラボした住宅ローンのことです。

民間の金融機関では、全期間固定金利での高額融資は資金の調達が難しいと言われています。

融資に対するリスクを住宅金融支援機構が取っています。

メリットとしては、勤続年数が1ヶ月から申しこみ可能と短くても借入できる可能性があることや保証料が必要ではないことや事務手数料以外の保証料が不要なことや審査は銀行と住宅金融支援機構の両方が行うことなどです。

住宅を買う際に利用する住宅ローンを組みますが金利変動のリスクを嫌ってフラット35で契約した人もいると思います。

できるなら今よりも毎月の支払額を低く抑えたいはずです。

実はフラット35から別のフラット35へのローン変更ができるんです。

その際、お得になるのは金利差が0.3%以上となっています。

他の変動型ローンへ変更することもできます。

行うかどうかは各銀行のHPにあるシミュレーションを利用して月々の支払額がどう下がるかやその他費用も含めて総合的な面から考えて検討するようにしてください。

融資に際して、改めて審査を行う形になるので書類の準備にも気をつけてください。

ローン関連でたまに親子リレーローンという言葉を聞いたことはありませんか?どんな内容かというと親子2代でローンを返済しましょうというものです。

住宅ローンの1種類であるフラット35でも利用可能となっており、申し込みご本人の子・孫やその配偶者で定期的収入がある方など、3つの条件を全て満たしている場合にローンの利用ができます。

この制度の有効な場面としては、親子同居で一緒に返済したい場合や、親が高齢になり家のリフォームを考えているけど新築を買う時だけでなく、借り換えや住み替えを行う時にも新築購入時だけでなく、借り換え時にも利用ができるので状況によっては選択肢に入れても良いのではないでしょうか。